読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウリンだから出来る木組工法

f:id:chanoki:20170502093519j:plain

茶ノ木のウリンデッキは100年耐久を目標としてます。

そのため、工法は日本古来の木を組み込む工法を採用し、金物に頼らない超長期の耐久性です。他の木材では、木組部分に水分が溜まり、腐れの原因となりますが、ウリン(アイアンウッド)は最も水に強い木材(元々水中杭として使用されてます)のため、この工法が使えます。

f:id:chanoki:20170502093906j:plain

木組は、荷重を木材自身で受けるため、非常に強く、地震でもビクともしません。

一方、一般的な抱き合わせ工法は、荷重がビスに掛かるため、ビスが折れると壊れます。又、金物は錆びますので、ウリンの耐久性に敵いません。

施工手間は掛かりますが、長い将来を考え在来工法を採用しています。デッキ下の見えない部分ですが、手抜きはしません。

f:id:chanoki:20170502094544j:plain

湘南・鎌倉のウリン(アイアンウッド)ウッドデッキはお任せください。全国対応致します。

茶ノ木のサイト

http://www.chanoki.co.jp/

1700以上の施工例からお探しのタイプが必ず見つかります

http://www.chanoki.co.jp/sekou/topics.cgi

茶ノ木のFacebook
https://www.facebook.com/wooddeck.chanoki/

15年以上経過した実際のウリンデッキをご覧下さい。
本社展示場 鎌倉市浄明寺4-6-41 TEL : 0467-23-0010