読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今、熱帯雨林で何が起こっているか

熱帯雨林を伐採してはいけないのか?

有史以来、人は木材を利用し、火を起こし、家を作り、あらゆる道具を作ったりしてきました。木材こそ人類に最も親しい物質と言えるでしょう。

文明の発展や人口増加により、木材の消費量が増えたため、木材を絶やさぬよう植林をしてきました。本来、森林は針葉樹と広葉樹がバランスよく生育することが理想ですが、植林は採算重視で生育の早い、杉・松などの針葉樹が主体であるというのは残念な話です。針葉樹は保水力が低く、落葉の腐葉土による川への栄養補給もないため、海中プランクトンも減少するという報告もあります。厄介な花粉も出ますね。

一方、熱帯雨林は東南アジアや南米などの亜熱帯地域の常緑樹(広葉樹主体)の天然の森林です。膨大な資源と安い労働力により、保有国の有力な輸出財源になってきました。しかし、天然ですから、伐採すれば減ってきます。典型的な例として、フィリピンのラワン材は既にほとんど出材出来ません。

では、どうすればいいのでしょうか?

熱帯雨林の樹種は研究が進んでいますが、まだはっきりとした生育条件がわからず、特定の種類しか植林が成功してません。又針葉樹に比べ、生育が遅いため、100年レベルでの将来を見据えた事業になり、採算的に難しいのが現状です。

でも、解決方法はあります。

大局的に森を観察し、大きく育った必要な木だけを伐採し、未成育な木や未利用樹種を残します。そうして森を進んで行き(といっても数百キロあります)、数十年後に元の森に戻り、育った木を伐採することを繰り返し行えばいいのです。先のフィリピンの例は、不幸にもラワンという有用樹種がかなりの密度で生育していたため、集中的に伐採し、いわばはげ山になってしまいました。こうなると、もう森は育ちません。

こうして、計画的に伐採すれば、森は保存されます。もちろん、盗伐などを防ぐことも必要で、近年、保有国も規制を強化し、森の保存に尽力してます。

エコ燃料が森を殺す?

しかし、残念ながら、森は減少しています。移住した人々が畑にするために、すべての木を切り、焼き畑にしています。又、収入を得るために生育の早いパームヤシを植え、食用や燃料用の油を取っています。石油系ではない、エコ燃料と呼んでいます。

何か変ですね。森をつぶして、エコでしょうか?

ボルネオ島北部(マレーシア・サバ州)は既に多くの森がパームヤシ畑になっています。森の動物たちは、何処へ行ったのでしょうか?

f:id:chanoki:20170223095434j:plain

茶ノ木のサイト
http://www.chanoki.co.jp/

1600以上の施工例からお探しのタイプが必ず見つかります

http://www.chanoki.co.jp/sekou/topics.cgi

茶ノ木のFacebook
https://www.facebook.com/wooddeck.chanoki/